投資家情報

セグメント情報

セグメント情報

セグメントの概要

当社グループは、当社(リバーエレテック株式会社)及び連結子会社5社(国内1社及び在外4社)により構成されており、電子部品(水晶製品、その他の電子部品)の製造及び販売に関する事業を展開しております。「水晶製品事業」はATカット水晶振動子、音叉型水晶振動子及び水晶発振器を生産しており、「その他の電子部品事業」は、炭素皮膜固定抵抗器、不燃性炭素皮膜固定抵抗器等を生産しております。

当社グループの主力製品である水晶振動子は、安定した電波の周波数を維持する役割や電子回路をタイミングよく動作させるための規則正しい基準信号、時計として時を刻む基準信号を作る役割を担っており、スマートフォンやパソコン等のデジタル機器、IoT(Internet of Things モノのインターネット)を構築する上で欠かせない無線モジュールやカーエレクトロニクス等、最先端の分野において幅広く使われております。

2018年3月期の業績概要について

水晶製品事業

スマートフォンの一部最新ハイエンドモデルの販売不振、またリファレンスデザインの設計変更による中国スマートフォンメーカー向けの受注減少の影響から、主力のスマートフォン向けの売上高は、前期を大幅に下回りました。無線モジュール向けは、販売数量は前期を下回りましたが、新製品を中心にプロダクトミックスの改善が功を奏したことから、売上高は前期を上回りました。車載向けは、キーレスエントリー及びカーナビゲーション向けの販売数量の減少の影響により、売上高は前期を下回りました。またパソコン及び周辺機器向けは、SSD向けの需要は伸びましたが、HDD向けの需要が減退したことから、売上高は前期を下回りました。
水晶製品事業売上高
segment-sales1
この結果、当事業の売上高は4,548,653千円(前年同期比7.2%減)となりました。利益面につきましては固定費の削減に努めたものの、減収による利益の押し下げを補えず427,662千円のセグメント損失(前年同期は258,844千円のセグメント損失)となりました。
水晶製品事業経常利益
segment-income1
編集
    2014/3
(第69期)
2015/3
(第70期)
2016/3
(第71期)
2017/3
(第72期)
2018/3
(第73期)
売上高 千円 5,645,478 4,685,976 5,606,813 4,901,151 4,548,653
経常利益(損失) 千円 (175,489) (669,396) 60,858 (258,844) (427,662)

その他の電子部品事業

その他の電子部品事業は、車載関連向けの需要が好調に推移し、売上高は63,049千円(前年同期比12.5%増)となりました。利益面では、諸経費の抑制に努めたものの、増収に伴う販売管理費の増加の影響から5,123千円のセグメント損失(前年同期は4,719千円のセグメント損失)となりました。
その他の電子部品事業売上高
segment-sales2
その他の電子部品事業経常利益
segment-income2
編集
    2014/3
(第69期)
2015/3
(第70期)
2016/3
(第71期)
2017/3
(第72期)
2018/3
(第73期)
売上高 千円 89,016 87,055 102,998 56,060 63,049
経常利益(損失) 千円 (2,253) (5,289) 1,175 (4,719) (5,123)
Return Top